DONburi Room

イラスト・マンガ描きだったはずが、MikuMikuDance(MMD)で遊んだり自転車散歩したりSF読んだりの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作家と俳優による『安倍七騎』演義

杉山有絵画館入り口昨日の8/18日、「作家と俳優による『安倍七騎』演義」という、郷土史を題材にした歴史小説のSPAC(静岡県舞台芸術センター)俳優、奥野晃士さんの朗読と、小説『安倍七騎』の著者、浅羽克典さんによる解説のコラボイベントに行って来ました。
場所は島田の、杉山有絵画館。日本画家、故杉山有さんのアトリエです。

「安倍七騎」とは、戦国時代に安倍川流域に存在したと言われる七人の侍です。
画家の杉山有さんは、その七騎の一人、杉山小兵衛の末裔と言うことで、今回はそのえ杉山小兵衛にスポットを当てて、縁ある場所での朗読と解説が演じられました。
ちなみに、杉山有さんは、僕の母方の叔父なので、一応僕も杉山小兵衛の子孫に当たると言えばあたるわけですが(^^;

自在壺玄関
会場となった、杉山有さんのアトリエ「自在壺」入り口。

静かな里山とにある古い木造のアトリエは、今回のイベントの雰囲気に合っていて、とてもいいかんじでした。
集まったお客さんも、4~50人くらい。
想定よりかなり増えたとのことで、盛況で良かった。

奥野晃士さんの朗読と、浅羽克典さんの解説を交互に進める展開は、間延びしないいい構成だったと思いました。

奥野晃士さん@「作家と俳優による『安倍七騎』演義」
朗読中の奥野晃士さん。台詞部分は、さすが舞台の役者さんって感じの演技入り(^^

浅羽克典さん@「作家と俳優による『安倍七騎』演義」
解説中の浅羽克典さん。穏やかで柔らかい感じの話し方が印象的でした。

郷土史ってのは、やはり興味があるもので、馴染みのある地名などの由来だったり、さまざまなエピソードだったりと、知らないことが沢山あったので、興味深くて面白かったです。
戦国時代のヒーローのひとり、武田信玄が直々に登場するようなエピソードが地元にもあったことを知ったりとか。
あと、我が家のすぐ近く、毎日見ている山にあった「安倍城」にかんするお話も出てきたし(^^

そんなこんなで、郷土史への好奇心を刺激されたり、ちょっとした豆知識を得たりと、楽しい時間を過ごしたのでした。

【関連リンク】
安倍七騎
『安倍七騎』の著者、浅羽克典さんのサイト
七騎のつぶやき:作家と俳優による「安倍七騎演義」(vol.237)

SPAC « さあ劇場へ ここから対話が始まります。
静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center : SPAC)のサイト
「作家と俳優による『安倍七騎』演義」に奥野晃士が出演 « ニュース:SPAC

杉山有絵画館
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Body

 

Bicycle
 

 

Sci-fi
 

 

MikuMikuDance
 
Profile

DONKEY

  • Author:DONKEY
  • しまづ・どんき/donburiroom
    静岡の片隅に生息中
    Bicycle: Specialized Hardrock 2000 / BROMPTON S6R 2016
    Camera: PowerShot G11 / FinePix XP200 / iPad / iPod touch

    Instagram
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Entries + Comment
Twitter
Tag Cloud
MMD Data
[ボーン・ギミック] [ステージ・セット] [大道具] [小道具] [ギミックモデル] [キャラクタモデル] [SF系モデル] [アニメ系モデル] [ゲーム系モデル] [モーションデータ]
QR Code
QR
Access Counter
since 2011/06/04

+330975
(Old blog: since 2004/11/14)
Recommend

ニコ動投稿動画が収録!→記事

動画と作成記事を担当。
Works
イラスト等の仕事をした本

本文イラスト


カバーイラスト


カバー&本文イラスト


カバーイラスト


本文イラスト


カバー&本文イラスト


カバー&本文イラスト


本文イラスト


本文イラスト


表紙&本文イラスト


カバーイラスト


カバーイラスト →記事




カバー&本文イラスト


本文&帯のイラスト →記事


カバーイラストなど →記事


本文&カバーイラスト →記事


カバーイラスト →記事


本文イラストちょっとだけ


本文イラスト →記事1 2
PHOTOZOU
niconico

MMD
MikuMikuDance(MMD)に関連する本など









付録DVD収録PV「Reason」の制作と、その解説記事を担当














オートグルーブボーンが掲載されています →記事



11
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。