DONburi Room

イラスト・マンガ描きだったはずが、MikuMikuDance(MMD)で遊んだり自転車散歩したりSF読んだりの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参加レポート:ニコニコプラネタリウム部 第1回 ドーム投影実験会@シンラドーム

20131023_MMDドーム投影実験会:ドーム対応動画投影4
もう一週間以上も前のことですが、10月23日に、東京の科学技術館のシンラドームで行われた「ニコニコプラネタリウム部 第1回 ドーム投影実験会@シンラドーム」に参加したので、遅ればせながらそのレポートです。

ニコニコプラネタリウム部については、こちらをごらんください。
ニコニコプラネタリウム部について:星風屋ブロマガ - ブロマガ

今回のこの企画は、MMDの動画をドームスクリーンで上映してみようというもので、発起人の星風Pに声をかけていただいて、これは面白そうだ! ぜひその上映の様子は、現場出見たい! と、ちょっと無理しての日帰り上京することにしたのでした。

その様子は他のかたの記事もありますので、そちらもあわせてごらんください。

ニコニコプラネタリウム部 第1回 ドーム投影実験会@シンラドーム 速報:星風屋ブロマガ - ブロマガ
発起人の星風Pの速報レポート
ORIHALCON Project: ニコニコプラネタリウム部 第1回ドーム投影実験会
シンラドームの中の人の記事
“プラネタリウムでミクさんのコンサートやりたいね” ガチなプラネタリウムにMMDを投影する会に参加したった - ねとらぼ
ねとらぼの記事

というわけで、以下はその参加レポート(実験会とは関係無い道中記も含む)です。


10月23日水曜日、仕事で徹夜明けの様態で、お昼前に新幹線に乗って上京。
新幹線に乗るのなんて、凄く久しぶり。
普段、時間的に余裕がある上京の時は、東海道線各駅停車+小田急線乗り継ぎとか高速バスを利用することが多いので(^^;

20131023_MMDドーム投影実験会:東京駅
さすが新幹線、1時頃には東京駅に着いてしまう。

集合時間まで余裕があるので、会場まで歩いて歩いて行くことに。
東京には10数年住んでいたけど、このあたりを歩くのははじめて。
お上りさん気分でビジネス街っぽい中を歩いて行くと、途中に将門首塚を発見。

20131023_MMDドーム投影実験会:将門首塚1
聞いたことあるけど、こんなところにあったのか。

20131023_MMDドーム投影実験会:将門首塚2
せっかくなので、お参りしてみたり(^^;
写真のフレームからは外したけど、このまえで地面に伏せるようにずーっと拝んでいる女性がいて、その様子がちょっと怖かったりとかw

20131023_MMDドーム投影実験会:東京消防庁
東京消防庁の中のヘリコプターを覗いたりとかしながら、皇居のお堀沿いへ。

20131023_MMDドーム投影実験会:皇居のお堀
皇居のあたりは、コミケなどで上京したときに車でよく通るけど、歩くのははじめて。
車でささっと通り過ぎる時にはわからなかった、そのスケール感にはちょっと圧倒されたり。
地元の駿府城公園のお堀や石垣とは、全然違うな~とw
当たり前だってwww

そして途中、ベンチで休憩してたら、このあたりのスズメの人間への警戒心のなさにびっくり!

20131023_MMDドーム投影実験会:皇居周辺のスズメ1
まるで公園のハトのようだ。
パンとかもってたら膝の上にも乗ってきそうな勢いw

そんなこんなで、のんびりぶらぶらしながらも、かなり早めに北の丸公園に到着。

20131023_MMDドーム投影実験会:北の丸公園1
集合時間まではまだけっこうあったので、科学技術館の場所を確認した後は、北の丸公園内を散策。

20131023_MMDドーム投影実験会:北の丸公園2
20131023_MMDドーム投影実験会:北の丸公園3
落葉の敷き詰められた湿った土の上を歩くのが、またかなり久しぶりの感覚で心地よかった。

20131023_MMDドーム投影実験会:科学技術館外観
20131023_MMDドーム投影実験会:科学技術館
ちょっと早めに集合場所の科学技術館前へ。

今回は参加者の中に面識のある人がほぼいない様子なので、やや心細さが。
そんななか、さらに早く来ていてすだに会場入りしていた、面識があるせっけんPを見つけてちょっと一安心したり(^^;
しばらくして参加者が続々集合するも、面識があったのは、せっけんPの他は、しろねこさんだけでした。
ていうか、なによりも参加者の中にMMDerはかなり少ない感じ?

聞くところによると、プラネタリウム関係者、天文台の人、プロのドーム映像制作者、ニコファーレの中の人、360度パノラマ写真を撮ってるカメラマンの人、などなど参加者の多くがかなりのガチ勢(゚Д゚;
MMD動画を投影してみようという主旨なのに、MMDerが微妙にアウェー感!?

この日、科学技術館は休館日。
ゲストのシールを服に付けて、案内されてシンラドームへ。

20131023_MMDドーム投影実験会:投影前1
20131023_MMDドーム投影実験会:投影前2
デジカメの画角があまりないので、ドームスクリーンの雰囲気が伝えられませんね、これじゃ。
ちなみに自分、ドームスクリーンは初体験です。
これまでプラネタリウムにも行ったことなかったのでした。

20131023_MMDドーム投影実験会:シンラドーム投影前説中
いよいよ実験会のスタート。
今回はMMD関係者以外も多いので、まずはMMDの説明から。

20131023_MMDドーム投影実験会:MMDの説明
ドームスクリーンに映されるニコニコ動画のプレイヤー画面、MMDの始まりのあの樋口さんの動画!

つづいて恐れ多くも、MMD動画の例として僕の動画を投影して貰えちゃったり!(*゚ヮ゚)

20131023_MMDドーム投影実験会:Love is War
【ニコニコ動画】【第10回MMD杯予選】Love is War Trailer
このシーンの背景には、星風Pの作ったMMDプラネタリウムエフェクト「星風夜MMD」を使わせてもらってます。

20131023_MMDドーム投影実験会:ヤマト1966くらい
【ニコニコ動画】【MMD】宇宙戦艦ヤマト1966くらい発進【総天然色】
ドームスクリーンでヤマト1966くらい!

20131023_MMDドーム投影実験会:
星風P作の星風夜MMDの紹介。

これらはドーム対応動画ではないですが、単に投影しているのではなくで、ドームに合わせて歪みを補正(歪ませている?)そうです。
平面映像をドームに映したらどう見えるかみたいなテストも兼ねている、みたいな?

ひきつづきいよいよ、ドームに対応したMMD動画の投影開始。

20131023_MMDドーム投影実験会:ドーム対応動画投影1
今回のテスト用に星風Pが作成したPV。
カメラ有りと無しのバージョンが流されましたが、カメラ有りだとかなり立体感があっておもしろい!

20131023_MMDドーム投影実験会:ドーム対応動画投影2(どんぶり空)
途中、拙作どんぶり空を使ってもらってるシーンが。
自分の作ったステージの中に入れたみたいな、これまで味わったことの無い面白い感覚がうれしい!

20131023_MMDドーム投影実験会:ドーム対応動画投影3(どんぶり空)
自分の描いた雲が、動いて背後から回り込んでくるのに、ちょっと感動!

この投影の様子はこちらの動画でごらんになれます。


20131023_MMDドーム投影実験会:投影中
PACさん作成のテスト動画は、
ドームの特性を活かした動きの演出がされていて流石だなあと感心しました。
回り込んでくるミクさんとか、頭上を飛び越えていくたこルカとか。
背景ステージの選択も、ドームでの見え方を意識してるように思いました。

20131023_MMDドーム投影実験会:ドーム対応動画投影6
この動画はたしか、MMDからドーム対応画像を書き出すエフェクト(参考:【MMD+MME】Amateras エフェクトによるドームマスター形式の映像出力:星風屋ブロマガ - ブロマガ)を使わずに、別の手法でつくられたもの(だったはず……ちょっと記憶が曖昧だですが)。

そのほか、最後にまとめて投影されたD-2さん作成のテスト動画群は、ドームを利用したいろいろなネタとアイデアが詰め込まれていて、とても面白くて笑ったり感心しました。





MMD以外でも、実写で作られたものや、他のMMD以外のツールで作られたもの、実際のプラネタリウムで上映されている作品など、いろいろなドーム映像を見る事が出来ました。
その他、プラネタリウム用の映像に、その場でミクさんを重ねて表示するテストなども。

シンラドームは3D対応とのことで、ドームスクリーンでの3D映像も体験できました。
ただ、3D眼鏡をかけると視界が狭くなるので、せっかくのドームの特性がやや相殺されちゃうかな……みたいな。

科学技術館のシンラドームの人から、ドームスクリーンの特性もいろいろ聞けて、ためになりました。
ドームゆえの反射によるコントラストの低下の問題とか、音響のこととか。

色々な動画を見て、ドーム用映像は、通常の四角いフレームのある映像ではできない演出がいろいろ出来て面白そうだなと思いました。
とくに上下方向の動きは、同じ動きでも全然受ける印象が違って、効果的な演出ができそうだなぁと。
MMDで定番の下から沸き上がるようなキラキラパーティクルエフェクトも、ドームで見ると天昇に向かって上って行く感が凄くあって、全然印象が違って見えました。

でも、いざ動画を作るとなると、けっこう大変そう……とも。
というのも、ふだん自分が動画を作るときは、基本フレームに写っている部分しか作らないし、なにかちょっと都合の悪い部分はフレームから外して逃げるってのをやってるんですが、ドーム映像はそれが出来ない。

例えば自分のこの動画→【ニコニコ動画】【MMD】戦場の禿鷲【バトルテック】 とか、撃ったミサイルが画面から出たらあとはほったらかし(空中に止まったまま)だったりするのですが、ドームだとそうはいかない、ちゃんと着弾して爆発するとこまでつくらないといけない。
描く物によっては、かなり手間がかかりそうだとも思いました。

それと以前から感じていた「巨大感」というものの感じ方について、再認識もしました。
今回、巨大ミクさんに見下ろされるという経験をしたのですが、やはり巨大感ってのは目だけじゃなく、自分の体……筋肉とか関節とかを動かしてこそ得られるモノが大きいんだって事を、改めて。

これは、あのお台場や静岡に立った1/1ガンダムを見上げたときに感じて、そのときも書いたと思うんだけど。
同じ構図で撮った写真から感じるものと、実際に自分の首や体を動かして見上げたのとでは、感じるモノが全然違う。
その昔ゴジラの映画を見た時も、映画館を出てビル群(映画の中でゴジラに破壊されていた)を見上げたとき、ゴジラの巨大さが体感できた、あの感じ。

ドームスクリーンには、実際に「見上げる」とか「見まわす」という、体を動かす動作が伴うので、そこから得られる巨大感や空間の広がりみたいなものが感じられるのかも……と。
そして、3D映像のような目の前に飛び出して来る、まるで手で掴めそうみ見えるような立体感とは違うけれど、それとはちょっと別種の立体感(空間感?)が得られるなあと、いろいろ可能性を感じました。

そんなこんなで、いろいろと新しい発見や経験が出来て、いままで全然縁が無かった人達の話も聞けて、無理してでも参加して、よかった。
ただ、帰りの新幹線の都合も合って、最後の質疑応答の途中で撤収せざるおえなくて、最後まで(なんか二次会もあったらしい)参加できなかったのが残念。

主催の星風P、声をかけていただいてありがとうございました。
また機会があったら参加したいので、今後ともよろしくです。

今回は自分はドーム対応のテスト動画を作れなかったけど、機会があったら作って見たいと、今回参加して思いました。

会場での数少ない面識あった方、せっけんP&しろねこさんも、相手していただいてありがとうございました。
せっけんPは別件の用事があったようで、途中で早々に帰られちゃいましたが(^^;
しろねこさんには最後までいろいろ相手してもらっちゃって、ありがとうございました。
他に面識ある人がいなかったので、心強かったです(^^;

そうそう、しろねこさんはドームスリーンのミクさんとしっかり一緒におどってました、さすが!


それと今回、あの手妻師の藤山晃太郎さんともお会いしてお話しすることが出来ました。
なんと、元MSXユーザーで、MSX-FAN誌も読まれていたとのことで、うれしかったです!

20131023_MMDドーム投影実験会:藤山晃太郎さん
3Dメガネをかけた藤山さん、カコイイ!


そんなこんなで、静岡着の新幹線最終便で帰ってきました。


ここでやっと晩御飯。
来るときの新幹線でのサンドイッチから何も食べてなかったので、この時点でかなりお腹空いてたw

ホントは一つ前の便にも乗れたのですが、この時点で24時間以上起きている状態。
寝過ごして静岡で降りそびれるのが怖かったので、静岡着の便にしたのですが、この判断は正解でした。
お弁当食べた後に爆睡しちゃって、気付いたら静岡駅に止まってました(^^;

お土産?
20131023_MMDドーム投影実験会:おみやげ
会場で国立天文台の方からいただいたDVD。

そんなこんなで、有意義なイベントに参加できました。
ニコニコプラネタリウム部の今後の活動も、いろいろ楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト
Comments

Body

 

Bicycle
 

 

Sci-fi
 

 

MikuMikuDance
 
Profile

DONKEY

  • Author:DONKEY
  • しまづ・どんき/donburiroom
    静岡の片隅に生息中
    Bicycle: Specialized Hardrock 2000 / BROMPTON S6R 2016
    Camera: PowerShot G11 / FinePix XP200 / iPad / iPod touch

    Instagram
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Entries + Comment
Twitter
Tag Cloud
MMD Data
[ボーン・ギミック] [ステージ・セット] [大道具] [小道具] [ギミックモデル] [キャラクタモデル] [SF系モデル] [アニメ系モデル] [ゲーム系モデル] [モーションデータ]
QR Code
QR
Access Counter
since 2011/06/04

+330975
(Old blog: since 2004/11/14)
Recommend

ニコ動投稿動画が収録!→記事

動画と作成記事を担当。
Works
イラスト等の仕事をした本

本文イラスト


カバーイラスト


カバー&本文イラスト


カバーイラスト


本文イラスト


カバー&本文イラスト


カバー&本文イラスト


本文イラスト


本文イラスト


表紙&本文イラスト


カバーイラスト


カバーイラスト →記事




カバー&本文イラスト


本文&帯のイラスト →記事


カバーイラストなど →記事


本文&カバーイラスト →記事


カバーイラスト →記事


本文イラストちょっとだけ


本文イラスト →記事1 2
PHOTOZOU
niconico

MMD
MikuMikuDance(MMD)に関連する本など









付録DVD収録PV「Reason」の制作と、その解説記事を担当














オートグルーブボーンが掲載されています →記事



11
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。