DONburi Room

イラスト・マンガ描きだったはずが、MikuMikuDance(MMD)で遊んだり自転車散歩したりSF読んだりの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MMDモデル】ロビー・ザ・ロボット

ロビー・ザ・ロボット:サンプル画像


映画「禁断の惑星」(原題 Forbidden Planet)に登場するロボット「ロビー・ザ・ロボット」(ROBBY THE ROBOT)です。
ディテールは、独自解釈や自分が作りやすいようにアレンジしている部分が、多々あります。


ロビー・ザ・ロボット:ボーン・モーフ説明図

■注意点
MikuMikuDance ver.9.10 でのみ動作確認をしています。
それ以前のバージョンまたは互換ソフトでは、意図通りに動作しないことがあるかもしれません。

MME の AutoLuminous4 または TrueCameraLX を使用することを前提に、発光系モーフの設定をしています。

MME の AutoMetalic に対応した材質設定をしてありますが、反射があまりキレイじゃ無いかも知れません(原因はよくわからないのですが、ちゃんとUV展開をしていないからか?)

■通常モデルとダンス対応モデルの違い
2種類のモデルが同梱されています。

• ロビー.pmx
通常モデルです。
配布ダンスモーションで踊らせる以外の場合は、こちらをご利用ください。
ただし、MMDの標準的なモデルとは腕の初期ポーズやボーン名などの互換性をとっていません。
ボーン名などは、同梱の説明図画像を参考にして下さい。

• ロビー【ダンス対応版】.pmx
配布ダンスモーションの使用に対応する為に、無理矢理Aスタンスにして、ボーン名に互換性を持たせたモデルです。
ただし、完全に対応はできていないので、モーションの修正が必要です。
詳しくは、同梱の説明テキストを参考にして下さい。

※ダンス対応版モデルは腕の伸縮など一部モーフが省略されています。

■回転ボーンの使い方
各アンテナに設定してある回転ボーンは、ひとつのキーフレーム登録で複数回転をさせる仕組みで、数値入力して使います。
任意のフレームに、数値入力の角度を登録すると、そのフレームまで、数値の分だけ回転します。
「頭頂アンテナ回転」と「左アンテナ回転」は角度Yに、「右アンテナ回転」は角度Xに数値を入力してください。

【例】1800フレームに数値入力の角度で10を登録すると、1800フレーム(一分間)で10回転します。

※オートグルーブボーンと同じ回転連動で360倍するギミックを使っています。

■使用条件
当モデルデータの無断転載、再配布は禁止します。

非営利に限り、動画・静止画での使用および、使用作品の公開に制限はありません。
ただし、使用した結果に関しては、自己責任でお願いします。

使用の際のモデル改造にも制限はありません。
ただし、改造モデルの配布は、事前連絡して下さい(場合によっては許可できないこともあります)。

他のモデルへの部分的なパーツ流用も禁止はしませんが、流用したモデルを公開・配布をする場合は、Readme.txtなどへの明記と、流用した旨の連絡をお願いします。

MikuMikuDance およびその互換ソフトでの使用を前提としたモデルです。
それ以外での使用も禁止はしませんが、使用した結果を公開する場合は、モデルデータの出自がMMD用であることを明記してください。
個人的な使用(ローカル環境での使用)の場合には、なんら制限はありません。

DOWNLOAD 認証キー:mmdomf4
2014/5/5 ver.1.0 公開
2014//7 ver.1.0a readme.txt差し替え(回転ボーンの説明追加)


■標準的人間モデル用ダンスモーション適用手順
ダンスモーションを読み込むときは「ダンス対応版」モデルを使用してください。
ただし、ダンス対応モデルと言っても、ただモーションを読み込んだだけでは破綻するので、修正が必要です。
基本的な手順を以下で説明しますが、個々のモーションによってさらに修正が必要もあります。

【1】
モーションを読み込む。

【2】
「頭」最終フレームまでのすべてのキーを選択して、[編集]メニューの[ボーンフレーム位置角度補正]で以下のように設定する。

ボーン位置
X* 1.0(デフォルトのまま)
Y* 1.0(デフォルトのまま)
Z* 1.0(デフォルトのまま)

角度
X* 0
Y* 1.0(デフォルトのまま)
Z* 0

※前後左右の傾きを削除しY軸回転のみにして破綻を無くします。

【3】
表情操作の「腕角度調整」スライダで調整する。
※ダンス対応版モデルは、強引にAスタンスにしているため違和感があります。「腕角度調整」は、それを軽減するためのものです。

【4】
モーションに合わせて「肩」「腕」「ひじ」「手首」「*指1」ボーンを調整する。
※たいていの場合、腕とボディの重りが発生するので、、[編集]メニューの[ボーンフレーム位置角度補正]や、問題フレームのキーを直接打ち直す等の修正が必要になります。
[ボーンフレーム位置角度補正]では、「角度」の*の数値を小さく(0.6~8などに)する事で、ある程度は回避出来ます。
モーションによって修正するボーンや数値はケースバイケースなので、各自調整してみてください。
また足のボーンも、標準的人間モデルとはバランスが違うため破綻することがあり、修正の必要な場合があります。

【5】
MMEのAutoLuninous設定。
リップシンクのモーフが、MMEのAutoLuminousによる発光モーフに割り振られています。
また、デフォルトでは無発光の設定になっているので、光らせたい場所を「表情操作」で光らせます。
めんどくさい場合は、「基本発光」モーフをつかうと、基本的な部分が光るようになっています。

関連記事
スポンサーサイト
Comments

Body

 

Bicycle
 

 

Sci-fi
 

 

MikuMikuDance
 
Profile

DONKEY

  • Author:DONKEY
  • しまづ・どんき/donburiroom
    静岡の片隅に生息中
    Bicycle: Specialized Hardrock 2000 / BROMPTON S6R 2016
    Camera: PowerShot G11 / FinePix XP200 / iPad / iPod touch

    Instagram
Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

Recent Entries + Comment
Twitter
Tag Cloud
MMD Data
[ボーン・ギミック] [ステージ・セット] [大道具] [小道具] [ギミックモデル] [キャラクタモデル] [SF系モデル] [アニメ系モデル] [ゲーム系モデル] [モーションデータ]
QR Code
QR
Access Counter
since 2011/06/04

+330975
(Old blog: since 2004/11/14)
Recommend

ニコ動投稿動画が収録!→記事

動画と作成記事を担当。
Works
イラスト等の仕事をした本

本文イラスト


カバーイラスト


カバー&本文イラスト


カバーイラスト


本文イラスト


カバー&本文イラスト


カバー&本文イラスト


本文イラスト


本文イラスト


表紙&本文イラスト


カバーイラスト


カバーイラスト →記事




カバー&本文イラスト


本文&帯のイラスト →記事


カバーイラストなど →記事


本文&カバーイラスト →記事


カバーイラスト →記事


本文イラストちょっとだけ


本文イラスト →記事1 2
PHOTOZOU
niconico

MMD
MikuMikuDance(MMD)に関連する本など









付録DVD収録PV「Reason」の制作と、その解説記事を担当














オートグルーブボーンが掲載されています →記事



11
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。